おはようございます。(こんにちはの時間?)


今日は家族全員休みなので、ゆっくりしております。


昨日、本屋で十二国記を購入したのでそれを読むか精油の勉強とかおさらいをするか逡巡中。


両方やればとガイドは言いますがごもっとも。


十二国記もそうなんですが、良くも悪くもエネルギーの強い作品に触れると頭ぼーっとしてしまうタイプです。

そのくせ、そういう持ってかれる本が好きで…。

列挙すると(誰も聞いてねえ)佐々木丸美の雪の断章に始まる孤児三部作、沙霧秘話、影の姉妹、館シリーズ、そして荻原規子の勾玉三部作と風神秘抄、上橋菜穂子の獣の奏者シリーズ…。(上橋菜穂子は有名な精霊の守り人シリーズより、獣の奏者にハマりました…)ていうファンタジー物は持ってかれますし、泉鏡花の外科室とかも読んだ後しばらくぽかーんとしてました。

おんなじファンタジーでも森見登美彦の「夜は短し歩けよ乙女」と「有頂天家族」は割と冷静におもしろく読んでたんですけどねー。


今読んでる十二国記の「魔性の子」も昔読んだ時、持ってかれてたなー。

ちょうど現実逃避してた学生時代だったので、私もここは居場所じゃない!なーんて主人公に同化させてましたよ(遠い目)

いろんなものの影響を受けやすいのは昔からだったんですよね。


今だとエネルギーデトックスワークがあるのでね。

うまく使いながら、本の世界に浸りたいと思います。


皆さんも素敵な一日を🌠


Clear Of Life

エネルギーデトックスワーク協会認定セラピストRIE のサイトです

0コメント

  • 1000 / 1000