私とスピとの出会いについて書いてみる

セミナーの後、他の参加者さんとちょっとだけお茶したのですけど、その時にスピ歴を聞かれたのでこちらでも書きますね。興味ある人がいるかわかりませんけども。


私がスピに首を突っ込んだのは、7、8年前のことです。

仕事や家庭のことで辛いことが多くて、何とかしたいとネットサーフィンで「開運」とか「金運アップ」「引き寄せ」とかそういうのを調べていた時期でした。


そこで目を付けたのがレイキです。

その頃のレイキヒーリングって、付加価値で開運とか金運アップとかほんとの自分とつながるとかいろいろな効果が謳われてました。そういうのが謳われてるサイトしか見てなかったのもありますが。

楽して運気アップしたかった私はすぐ飛びついてね。もともとおまじないとか占いとか好きだったし、癒しという言葉にすごく惹かれたのです。

もともと介護の仕事してるぐらいだから、誰かの助けになりたい癒したいという気持ちは根っこにあったのだと思います。


で、近所でヒーリングサロンがあったのでそこでレイキをしてもらいました。

カウンセリングをしてもらって、(といっても専門のじゃなく単に話を聞いてもらうだけ。傾聴とも言いますね)ヒーリングしてもらったら心がとても軽くなりました。

そこからレイキにはまり、自分でもできるようになるといいなあってなって、アチューンメントを受け。

でも、ヒーリングしてるのにちっとも暮らしはよくならず、自己啓発やスピ系の本を買いあさってホ・オポノポノやってみたりあちこちで無料ヒーリング受けてみたりetcetc…。


結局、心を病んで仕事は辞めました。

今思うとその時のヒーラーさんとつながっていたんだと思います。

辛いことが起こる時期が似通ってたし、アチューンメントを受けてましたがエーテルコードのカットやプロテクションなどは教わっていませんでしたから。

それにセッションで会う以外にもメールでいろいろ聞いてもらったりしてましたから、つながりまくっていたのでしょう。

まあどっちが悪いとか先じゃなく、二人で手を取り合って坂道を転げ落ちていった感じです。どっちがどうでもない、同じ状況にあるものが引き合ったという。はいこれも引き寄せですね。いいことばっかじゃない。


それでそれと同時にそのヒーラーさんの所を卒業。

別のヒーラーさんの所で別のエネルギーセッションを受けたことをきっかけに、その方の所でレイキティーチャーを取得します。


その方の所ではカードリーディングやチャネリングめいたものも学び、5、6年通いましたかねえ。

癒しサロンを開業したいって真剣に思っていた時期もありましたし、ブログで遠隔ヒーリングをしていたこともありました。カードリーディングも時々やってました。その頃使っていたのはフェアリーのカードだったかな。ヒーラーさんが使ってるのを見て、憧れて天使のカードを買ったこともあります。懐かしい。

そんな感じでヒーリングを受けながら、スピ系のあれやこれやを学ばせていただいてました。ご飯にも連れて行ってもらったし、いろいろお世話になりました。

けど、だんだんとメンテナンスとして定期的にヒーリングを受けに通うことについて疑問を感じ始めたのです。


続く。

Clear Of Life

エネルギーデトックスワーク協会認定セラピストRIE のサイトです

0コメント

  • 1000 / 1000